アスペルガーな妻と暮らす

広汎性発達障害(アスペルガー症候群)と診断された妻と暮らす中年オヤジの雑多ブログ


記事一覧

職場で障害者に対する虐待行為を調査 2016年は972人

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
障害者雇用への取り組みが強まる中、やはり現実というのは厳しいようで、厚生労働省の調べによると、勤務先で暴力を振るわれたり給料を搾取されることが、2016年で972人いたそうです。


障害者「職場で虐待」972人=給料搾取や暴力―16年度厚労省調べ

 2016年度に職場で給料の搾取や暴力、わいせつ行為などの虐待を受けた障害者が972人いたことが26日、厚生労働省のまとめで分かった。

 前年度より151人(13.4%)減った。

 全国の労働局が障害者虐待防止法に基づき、虐待が疑われるとの通報などを受けて1316事業所を調査した。うち581事業所で虐待の事実を確認し、是正指導などを行った。

 虐待を受けた障害者は知的障害が53%と多く、精神障害が24%、身体障害が21%。被害の内容は最低賃金以下で働かせるなどの「経済的虐待」が82%を占め、暴言を浴びせる「心理的虐待」が11%、「身体的虐待」が6%あり、「性的虐待」も6人いた。

 虐待したのは事業主や上司ら591人。聴覚障害のある60代男性は、ミスのたびに上司から手話で「下手くそ」「辞めろ」などと示された。卸売業で働く知的障害の20代女性はプレゼントと引き換えに、上司ら複数の男性から性的関係を強いられていた。

引用元:ヤフーニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00000080-jij-soci

» 続きを読む

カサンドラ症候群の「敵」とは?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
最近、ブログの更新が疎かになっていますが、というのも、最近は妻の「躁鬱」の波が激しく、付き合ってやるのにアップアップな状況が続いているからだったり……(苦笑)

そうなった一つの原因は「減薬」にあるとは思うんですが、医者もバカではありませんから、処方している薬がどんなものでどんな効果があるのかぐらいは十分心得ています。


2648707505b64e0cc054cbe4b2c92471_s.jpg


で、最近になって妻の状態を診て減薬に踏み切ったわけなんですが、これは多少なりとも妻の精神状態が上向いてきた部分があったからの診断でした。

確かに精神状態が上向いた部分はあるんですが、今はそれが仇となってしまい、妻の「地の部分」であるアスペルガーが顕著に表れているような部分も出てきてしまい、今度はちょっと私自身が疲れてしまっている部分が出てきてしまいました。

» 続きを読む

アスペルガー+アダルトチルドレンという最悪のコンボ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
アスペルガー症候群でさえ手を焼いているというのに、最近になって表面化してきた妻のアダルトチルドレンの問題。二次障害は投薬のおかげでだいぶ緩和されてきていますが、それでもひょんなことから鬱になったりパニックになったりを繰り返しています。

002989.jpg


無論、それが生活する上での大きな妨げになっているんですが、具体的にどこをどう改善、もしくは接するべきなのか、私なりに無い知恵を絞って取り組んでいますので、今回は私たち夫婦の現況をお話ししたいと思います。

» 続きを読む

妻の「毒親」がアダルトチルドレンの大きな原因

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
妻の病状はアスペルガーなのか、それともアダルトチルドレンが原因なのか、実は今年に入ってから色々と私は頭を悩ませています。

一方は先天性の障害、一方は後天的な病状とどちらも根本的な原因は異なっているのですが、表面化する症状は似通っている部分が多いからです。


027.jpg


例えば「鬱」一つをとって見ても、アスペルガー二次障害かアダルトチルドレンによるものなのか、その時々で首をひねることも多々あり、もう何が何だかわからなくなってしまうこともあります(苦笑)

そこで、改めて妻が一番苦しんでいる部分を突き詰めてみると、どうにもアダルトチルドレンの方が心を蝕んでいることがわかり始めました。

» 続きを読む

「自閉症スペクトラムは障害ではない〜」その理由と背景

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
先日、自閉症スペクトラムに関するとても興味深い記事を見つけました。まさに「その発想はなかった」と驚いた内容の話もあり、これはこれで一つの「筋の通った」考え方として尊重してもいいような気がします。

自閉症者が人類社会に「不可欠」である理由 〜実は障害ではない!

正高 信男
京都大学霊長類研究所教授 認知神経科学

自閉症スペクトラムと呼ばれているような障害は、実は障害でない。生物としての人類のバリエーション(変異)のひとつである。

自閉症スペクトラムは、本来は人類の、生息環境に対する適応の一つのあり方だというのが、本稿で紹介するニューロダイバーシテイ(脳多様性)という考え方にほかならない。

■なぜ自閉症はこれほど多いのか

自閉症スペクトラムというものの実態は、(1)対人関係とりわけコミュニケーションが不得手で、(2)興味・関心の幅が著しく限られていたり、こだわりが激しいという二点を特徴とする。つまり、いわゆるオタク的傾向が顕著な発達「障害」として、一般にもよく知られるようになってきた。

この「障害」はおおよそ、遺伝的要因によって生ずると考えるのが定説となっている。発症率はどんなに少なく見積もっても1~2%。25人に1人と主張する研究者もいる。この値は、ほかのたいていの遺伝的障害に比べて極端に大きい(通常は1万分の1とか、2万分の1とかが普通である)。

ではどうして自閉症スペクトラムの人間だけがこれほど多いのか?
(続きはリンク先で)

引用元:現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51688

» 続きを読む

プロフィール
Charlie.png
名前:チャーリー
年齢:中年オヤジ
ウェブサイトURL:http://asupenatsuma.sblo.jp/
職を転々としつつ、今は障害に悩む妻の面倒を見ながら在宅の仕事をしています。
人から見れば、ほぼ世捨て人同然の生き方をしてるかもしれません(笑)

カテゴリ
記事検索
タグ
よく読まれる記事

最近の記事
最近のコメント
過去ログ
Copyright © アスペルガーな妻と暮らす All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

プライバシーポリシー

お問い合わせ