妻と結婚して以来、私の生活スタイルで大きく変わったことがあります。それは、夢見が悪くなったということです。

53756a534c29ca31c1419b6d3bdad741_s.jpg

妻がアスペルガー症候群と診断される以前から妻の病気(鬱、パニック障害)に悩まされ続けてきた私ですが、そのストレスのせいなのでしょう、本当に夢見が悪くなって困っています。

現在は妻が通院する病院から睡眠導入剤(グッドミン)と睡眠が深くなるようにとトラゾドン塩酸塩錠50mgを処方してもらっていますので、睡眠障害についてはだいぶ改善されてきていますが、それでも夢見の悪さはあまり変わってきません。

原因はカサンドラ症候群


ちなみに、この一連の睡眠に関する障害もカサンドラ症候群の主だった症状の一つでして、私と同じような立場にいる方は誰もが頭を悩ませているように思います。

さて、夢見が悪いとはどういうことなのかと言いますと、とにかく摩訶不思議な夢を見てしまう、と言うことです。

「夢はそんなもんだろ」と思われるかも知れませんが、見る夢の内容があまりにも常軌を逸しているので、肉体的にもそうですが、朝起きた時には精神的な疲労感を半端なく感じるんです。

b058e0b2d2b42796d71f34155abffe0d_s.jpg

で、具体的にどんな夢を見るのかというと、「死」に関係する夢が多いように感じています。


「生」を否定する夢の意味とは?


例えば災害で人が沢山死んだり、死んだはずの人が出てきたり、果ては自分自身が殺されたり自分の手で人を殺めてしまうとか、どうにも「生」を否定するような夢ばかりを見てしまうのです。

もしかすると自分の中にある種「自殺願望」のようなものがあるのかと悩んだこともありましたが、当の本人はそんなことは微塵も考えていないのですから、一体私の見る夢にどういう意味があるのか「夢占い」でもしようかなと真剣に考えたこともあります(笑)

だからと言って「寝る」ことは嫌いではないのがまたなんとも……仕事の合間を見ては昼寝をしたりと、むしろ好きな部類に入ります。もっとも、睡眠が浅いから昼寝をしたくなるんですけどね(苦笑)

最近はそんな夢見の悪さに慣れてしまっている部分はありますが、それでは精神衛生上あまり好ましくありません。できることならば、1日も早くこの夢見の悪さから解放されたいものです。



  • おすすめ記事