アスペルガーな妻と暮らす

広汎性発達障害(アスペルガー症候群)と診断された妻と暮らす中年オヤジの雑多ブログ


記事一覧

カサンドラ症候群の治療方法

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
妻と結婚してはや15年超。この間、知らずのうちに私はカサンドラ症候群に陥ってしまったわけですが、いつまでもカサンドラ症候群に悩まされていては生活が成り立ちません。

718d97fc86b82bcb8b6921d32a4fbee2_s.jpg

私の場合、幸いにして在宅ワークで生計を立てているのでなんとか食いつないではいますが、普通に会社勤めをするとなると相当苦労することになるでしょうし、最悪の場合は普通に働くこともままならなくなると思います。

現在も治療中の立場ではありますが、カサンドラ症候群に陥ってしまった場合はどうするべきなのか、そしてそれをどう改善していくのかを私なりにお話してみます。

» 続きを読む

施設利用者女性に対するセクハラ、パワハラ問題で障害者施設に賠償命令

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
もう何度もこの手のニュースは記事にしてきましたが、呆れるぐらい定期的にニュースに上がります。

届かぬ障害者のSOS 施設での虐待 後絶たず

 長崎県諫早市にある障害者就労支援施設の元利用者で精神障害がある女性2人が、施設を運営するNPO法人の男性理事からセクハラやパワハラを受けたと主張していた訴訟で、長崎地裁は21日、セクハラ行為などを認め、理事や法人に損害賠償を命じた。施設という「密室」で繰り返される性的な虐待。専門家は「表面化するのは氷山の一角」と指摘する。

 原告は24歳と42歳の女性2人。どちらも精神障害があり、数年前まで諫早市のNPO法人「マンボウの会」が運営する施設でパンの販売などをしていた。そこで2人は、指導員の男性理事(73)らからセクハラやパワハラの被害を受けたとして、2013年12月に提訴していた。

引用元:Yahooニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00010000-nagasaki-l42

» 続きを読む

発達障害の生徒の受け入れに特化した通信制高校が開校

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
これはとても興味深いニュースですね。

「発達障害」受け入れ特化 通信制高校、開校へ

 発達障害がある生徒の受け入れに特化した通信制高校が今春、大阪市東成区に開校する。本人の特性に沿った学習環境を整えるほか、対人関係や生活面、進学・就労を専門家が支援し、社会への巣立ちを後押しする。

 開校するのは、「しんあい高等学院」(真田明子学院長)。内閣府特定特区高校の明蓬館高校(本校・福岡県)が設けた特別支援教育コース「SNEC(スペシャルニーズ・エデュケーション・センター=すねっく)」のカリキュラムを取り入れる。

(続く)
引用元:大阪日日新聞
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/170219/20170219031.html

» 続きを読む

逸失利益焦点に、重度知的障害少年の両親が障害者施設を提訴

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
命の差別はあってはいけないことだとは思いますが、この訴えはちょっとズレてるとしか思えませんねぇ……。

「命の差別があってはならない」 事故死した重度知的障害少年の両親、施設側を提訴 逸失利益焦点に

 重度の知的障害を持つ松沢和真さん=当時(15)=が平成27年、東京都八王子市の福祉施設から抜け出し、約2カ月後に山林で遺体となって発見された事故で、両親は14日、福祉施設を運営する「藤倉学園」(東京)に約8800万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。請求には松沢さんが生存していれば将来見込まれた利益(逸失利益)として、平均賃金から算定した約5千万円を盛り込んだ。重度知的障害者の逸失利益算定が争点になる見通し。

引用元:産経ニュース
http://www.sankei.com/affairs/news/170214/afr1702140010-n1.html

» 続きを読む

子どもの発達障害、初診待ち最長10カ月 総務省が改善勧告

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
これは年々発達障害児が増えているということなのでしょうか。

子どもの発達障害、初診待ち最長10カ月 総務省が改善勧告

 総務省行政評価局が、発達障害のある子どもの診断をしている医療機関の受診状況を調べた結果、半数以上の機関で初診までに3カ月以上待たされていることがわかった。中には約10カ月以上待たされる機関もあった。総務省は20日、厚生労働省に改善を勧告した。

 行政評価局は昨年8〜11月、子どもの自閉症やアスペルガー症候群、注意欠陥・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などの発達障害を診断できる医師がいる全国約1300の医療機関のうち、主要な27機関について調べた。

 その結果、高校生以下の受診者が初診を受けるまでにかかる期間は、1カ月以上3カ月未満が6機関、3カ月以上半年未満が12機関、半年以上が2機関あり、そのうち1機関では約10カ月かかっていた。

引用元:朝日新聞DIGITAL
http://www.asahi.com/articles/ASK1P349BK1PUBQU009.html

» 続きを読む


プロフィール
Charlie.png
名前:チャーリー
年齢:中年オヤジ
ウェブサイトURL:http://asupenatsuma.sblo.jp/
職を転々としつつ、今は障害に悩む妻の面倒を見ながら在宅の仕事をしています。
人から見れば、ほぼ世捨て人同然の生き方をしてるかもしれません(笑)

人間ドック
カテゴリ
記事検索
タグ
よく読まれる記事

最近の記事
最近のコメント
過去ログ
Copyright © アスペルガーな妻と暮らす All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

プライバシーポリシー

お問い合わせ