アスペルガーな妻と暮らす

広汎性発達障害(アスペルガー症候群)と診断された妻と暮らす中年オヤジの雑多ブログ


記事一覧

生徒への暴行容疑で特別支援学校の教師を逮捕

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
特別支援学校の教師の暴行事件は後を絶ちませんねぇ……。

神戸市の特別支援学校の教師の男が、生徒の頭を机に打ち付けるなどしたとして逮捕されました。

逮捕されたのは、兵庫県立のじぎく特別支援学校高等部の教師・結城利彦容疑者(57)です。結城容疑者は今月4日、授業で訪れていた三田市の障害者施設で、高等部3年の男子生徒(18)の襟首をつかみ、頭を机に打ち付けるなどした疑いが持たれています。生徒にけがはありませんでした。警察によりますと、結城容疑者は、「メガネをとられたのを注意するために、肩をつかんでゆさぶった」と話していますが、暴行については否認しているということです。結城容疑者が生徒の両親に、「いきすぎた注意をした」と伝えたことで発覚しました。警察は詳しい経緯を調べています

引用元
http://webnews.asahi.co.jp/abc_2_003_20161031005.html

» 続きを読む

女性特有のアスペルガーの特徴

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
かなり興味深い記事を見つけました。

女性のアスペルガー症候群の意外な10の特徴―慢性疲労や感覚過敏,解離,男性的な考え方など(外部サイト)

アスペルガー症候群(ASD)の男女比は概ね4:1〜3:1とされているように、男性の方が多いのが特徴だったりしますが、ということは、アスペルガー特有の症状は主に男性の特徴を捉えてしまっている部分があり、女性特有の症状というのはついつい見落としがちにされるとか。

b9c3b2e56fa53f3c6a6fd041b34b8af5_s.jpg

言われてみれば私もそのように思う部分がちらほらとありました。「へぇ、なるほど」と。

そこで私の妻は、男性のアスペルガーと比べてどこがどう違うのか、女性特有の症状を交えながら話をしたいと思います。

» 続きを読む

特別支援学級の児童を殴って大怪我をさせた小学校教員を逮捕

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
一昨日のニュースですが、どうしてこんなことをするのか本当に理解に苦しみます。

小学校教員 児童殴り大けがさせた容疑で逮捕 埼玉 白岡

埼玉県白岡市の小学校で、授業中に54歳の教員が4年生の男の子の顔を殴り、大けがをさせたとして、傷害の疑いで警察に逮捕されました。調べに対し教員は、「言うことを聞かなかったので、かっとなって殴ってしまった」などと供述しているということです。
逮捕されたのは、埼玉県白岡市の小学校の教員で、埼玉県杉戸町に住む伊東孝容疑者(54)です。警察の調べによりますと、伊東容疑者は、今月12日の午後2時すぎ、特別支援学級の授業中に4年生の男の子の顔を数回殴り、あごの骨を折る大けがをさせたとして傷害の疑いが持たれています。(続く)

引用元:NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161016/k10010731881000.html

» 続きを読む

ADHDな特徴も見られる妻

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
私の妻は中度のアスペルガー症候群(ASD)と診断され、医者からは「若干ADHDの傾向もある」とも言われました。

368af1238335081b98c1a416297da8af_s.jpg

今までアスペルガーのことばかりに気を取られていましたが、最近になって「これはADHDなのかな?」と思う部分が多く見られるようになり、いろいろネットでADHDについて調べたところ、大変興味深いサイトを発見したので妻と照らし合わしてみることにしました。

» 続きを読む

障害児を無理やり普通学級に入学させる親のホンネ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
これもまた障害を持った子供のケースなんですが、普通学級に入学させる意味とは何なのかを改めて考えさせられました。

横浜の結大くん 「親の付き添いなしで普通学級に入学を」

 気管を切開し、たんの吸引が必要な横浜市の幼稚園児、前田結大(ゆうだい)くん(5)とその両親が、来春の小学校入学に向け、親の付き添いなしでの普通学級への入学を市に要望している。横浜市は「医療的ケア」が必要となる結大くんが通学を望む普通学級を支援するため、看護師の配置の検討を始めたが、実現には予算面など課題が多い。

 結大くんは鼻と口から呼吸ができずに生まれ、声帯まひで気道が狭まる「気道狭さく」と診断された。生後すぐに気管切開し、以後は喉に着けたカニューレと呼ばれる管からたんを吸引する医療的ケアを必要とする。

 現在は、看護師が常駐する川崎市の幼稚園に通園し、母直美さん(43)は付き添わずに園生活を送る。たんの吸引以外に障壁はなく、来春からは自宅近くの小学校に通い、兄昂大(こうだい)さん(10)とミニバスケットボールチームに入ることを楽しみにしているという。

 横浜市は現在、特別支援学校以外に看護師を配置していない。直美さんらが昨年、市に普通学級への付き添いなしの通学の可否を尋ねると、「前例がない」との理由で「親が付き添うか、特別支援学校に入学するか」との選択肢が示された。

 付き添いには親の大きな負担が伴ううえ、直美さんは「親が隣にいて、友達と遊ぶことができるだろうか。のびのびと学校生活を送ってほしい」と考える。結大くんと両親らは6月、市教育委員会に要望書を提出した。学校生活に必要な医療的ケアを含む配慮を保障し、親の付き添いなしでの普通学級への入学を実現できるよう求めた。(続きはリンク先にて)

引用元:毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20161003/k00/00e/040/195000c

» 続きを読む


プロフィール
Charlie.png
名前:チャーリー
年齢:中年オヤジ
性別:牡40代
ウェブサイトURL:http://asupenatsuma.sblo.jp/
職を転々としつつ、今は障害に悩む妻の面倒を見ながら在宅の仕事をしています。
人から見れば、ほぼ世捨て人同然の生き方をしてるかもしれません(笑)

人間ドック
カテゴリ
記事検索
タグ
よく読まれる記事

最近の記事
最近のコメント
過去ログ
Copyright © アスペルガーな妻と暮らす All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

プライバシーポリシー

お問い合わせ